♡....someday....♡

貯金1000万円を目指す母の日常ブログ

ドラックストアやスーパーのお買い得コーナー大好きな私。うまく活用して日用品費を抑えています

f:id:coco30:20161213144632j:plain

買い物へ行くとつい見てしまう場所があります。専業主婦になった今は何とも思いませんが、若い時は何だか恥ずかしくて立ち止まれなかった場所....値引きシールの貼られた商品が集まっている「お買い得コーナー」普段使っている物が安く買えてしまう私の大好きな場所です♡

日用品費の節約方法

私の実践している日用品費の節約方法は、【買い物のコツ】3000円だった日用品費を半分に減らした方法 コチラに詳しく書いていますが簡単に説明すると....安い商品を買う為に出掛けるるんじゃなく、自宅から一番近いドラックストア(セイムス)で日用品を買って定番の商品の底値を見計らって購入する。洗濯洗剤とティッシュペーパー・トイレットペーパーは、 他店舗(ジョイフル)の方が安いのでソコで購入しています。

在庫は良く使う物だけを1つ買い置きをして、それ以外は無くなりそうな時に購入する。その時も、買い足す必要があるのかを考えて無くても生活に困らない場合は買わないようにしたり、お得な商品(手作りや商品の質を液体の物から粉や固形にする)へ変更するなどの工夫をしています。また、物を大事に使って「細く長く」節約出来るように心がけています。

かつてのお気に入りの商品

19歳で一人暮らしを始めた時は、日用品に5000円以上使っていました。あの頃は、髪も腰まであったのでヘアオイルやシャンプーリンスもラグジュアリーな価格の物ばかり。それに加えてメイク用品をあわせれば軽く1万円超えです(泣)

どちらも実際に使っていたアイテムなんですけど、ルミネ池袋店の@cosme store(アットコスメストア)池袋ロフト店|LoFtで購入すことが多かったです。特に、ロフトはサロンで扱うシャンプー・コンディショナー・ワックスの種類が豊富で商品の入れ替えの時だと30~50%オフでお気に入りの商品が購入できる事もありました。元が高いので半額で買えたとしても今の私は買わないですが、良い香りとしっとりする使用感はお姫様気分を味わえます。

同じ商品なら安く買いたい

今思うとこの頃から「同じ商品なら安く買える工夫をしよう」って思ってたんですね。あれから月日を重ねて節約主婦になって少しばかり神経が太くなったら、お買い得コーナーで立ち止まっても全く恥ずかしくなくなってしまったようです(笑)

お買い得コーナーはマメにチェック

馴染のない場所で「お買い得コーナー」を探すのって時間がかかるんですけど、買う場所を決めている私はドラックストアやスーパーでマメにお買い得コーナーをチェックしています。買い物へ行った時は必ず見るって言っても良い程です。自宅にある残り少ない日用品が偶然安くなってたりすると「ラッキー!」って心の声が思わず出てしまいます。

最近の戦利品 

f:id:coco30:20161213132744j:plainどちらも「お買い得コーナー」で見つけた商品です。他にも正規の値段では、買わない商品も半額位になってるとお試しで手に取りやすいし腐らない(期限のない)物なら買っても良い事にしています。ただし....

月の予算を超えてまで買わない 

我が家の日用品費の予算は4000円です。その内、娘の紙オムツ代が2500円なので使える金額は1500円になります。お買い得コーナーにある商品がどんなに魅力的でも、予算を超えてしうなら買わない。そこを守る事がとっても大事で「安いから」という理由で買うよりも「必要な物が安い」から買う。

予算1500円って少ないように感じるけど、お買い得コーナーを利用したり底値で商品を買っていると苦じゃない金額になっています。もちろん、以前みたいに美容院で使うようなシャンプーは買えないけど、出産後ショートカットにしてから傷みもないし今の私には必要ないかな?って思うんです。

これまでの日用品費

今までの日用品費を書きだすと、独身の頃が一番高くて毎月5000~1万円。同じ独身ですが婚活を始めて計画的に貯金をしていた頃は3000円。夫と出会って2人で生活していた頃も同じく3000円。その3年後、娘が2歳の現在は1500円。正直、生活に必要なアイテム自体はあまり変わりないのに金額が全く違います。その違いは何なのか?ボヤっと出た答えは、買う商品の選別と値段だと思いました。

必要な日用品かを考える

使っていた物が無くなって買い足す時「絶対に必要な日用品かな?」って考えたら出費が抑えられるようになりました。日用品費が5000円以上の頃は、なくても良い日用品が多かった。

芳香剤は部屋・玄関・トイレと置く場所も多かったし、フローリングシートも便利だけど長く使える掃除機と雑巾があれば買う必要のないアイテム。コロコロとか除菌スプレーも同じで絶対に必要な物じゃないって思っています。

「無くなったから買う」って部分をきちんと選別して、買わなくても良さそう?って少しでも思ったなら買わない期間を設けてみるのも良と思います。私の場合は、夫の協力も大事なので節約したい事は家族で話して皆がストレスがないように気を付けています。

f:id:coco30:20161213152256j:plain

商品の値段は自分の選択次第

さっきのシャンプーが良い例で「髪を洗う」って言う目的に値段をいくらかけるのか?その価格で日用品費は変わってくると思います。自分の中で許せる範囲はどこなのか?「節約する」と決めた時、身の丈にあった価格の物を選べているか?

あと、細く長く節約を続けるためにも全てを我慢する必要はなくて、限られた予算内で「自分らしさ」や「欲しい物を買う事」を工夫して手に入れられた時の喜びを知って欲しいのです。好きなシャンプーを使いたい気持ちを諦めなくても良いんです。その代わり、どこかで少し節約しましょ。得意な料理で挽回するも良し、光熱費の工夫で補うも良し。私自身は、日用品にこだわりがないから1500円でやっていけてるんだと思います。

おまけ

今使っているシャンプーはジョイフルで1080円(税込)で買ったんですが、ボトルには3800円(税抜)の文字。1/4の価格で購入出来て嬉しいですが....あまりに安くて逆に怖い。美容師さんこのシャンプー大丈夫ですよね?(笑)

f:id:coco30:20161213143327j:plain